読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ステーシー  少女ゾンビ再殺談 読んでみた。

 
最近またゾンビ映画とかよく見てまして、
「あーゾンビの小説が読みたい」
と思って、近所の古本屋へ。
 
そこで目にとまったのが「ステーシー 少女ゾンビ再殺談 大槻ケンヂ」です。
あ~もうなんてゆーか、溢れんばかりのB級感w
 

f:id:meishomisettei:20170118020452j:image

大槻ケンヂは好きでして、今までに
 
・ぐるぐる使い勝手
・のほほんだけじゃだめかしら
グミ・チョコレート・パイン(グミ、チョコ、パイン編)
・行きそ行かないとこでへ行こう
・ロッキンホースバレリーナ
・のほほん雑記帳
 
あたりを読んだことがあります。
 
 
この物語の舞台は近未来で、15歳から17歳の女の子が突然人間を襲う屍体ステーシーとなって蘇る、「ステーシー化現象」が蔓延していたっていう、「なんじゃそら」って世界で繰り広げられる話らしいです。
 
が、内容は「ただグロイだけのB級作品」ではなくて「愛情に溢れまくった作品」でして、結構ホロリとくるし、終わりが美しく感じられました。
 
「終わりを美化」する表現ってのは昔から多いと思うんですが、死生観​とか、大切な人が先に逝ってしまった場合どうやって生きていけばいいんだろう?とか、考えさせられたり、意外と哲学的な作品だったのかも?
 
そう!これはゾンビで学ぶ哲学だw
 
 
ちなみに、一番グッときたのは「序章」。
ステーシーを再殺(ステーシーを止めるには、ステーシーになった少女の肉体を切り刻んで165分割しないといけない)する為の電ノコを売っているオヤジのセリフで、
 
「お客さん、キッチリ始末してあげなよ。あの娘たちはね、それがいちばんの望みなんだ。大切な人にね、再殺されるなら、あの娘たちは悲しくないんだ。むしろ嬉しいんだ。好きな人に血まみれにされることは、あの娘たちにとっちゃ幸福なんですよお客さん。あたしの娘は反抗期でね、世界一大嫌いな父親に切り刻まれて、いや不本意だったんでしょうな。再殺されてる間ずっと白眼をむいてましたよアハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ !舌をベロベロさせて最後の最後まで反抗期ですよアハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ!お父さんのバカってとこですかねアハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハでも俺は娘をこの世でいちばん愛していたんだ」
 
です。
 
「アハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ !」って3回出るんですが、
最後の部分だけ「!」が無いのが、なんてゆーかすごく切実な思いみたいなんが感じられました。
 
まぁ、しかしここだけ抜粋するとタダのイカレオヤジですねw
まぁでも世界に入り込むと、こんな不謹慎なセリフですら涙を流しそうになっちゃうのが大槻マジックなんですよ。
 
 
 
この作品は映画にも漫画にもなっているらしく、映画のパッケージがこれです。
パッケージに「PG-12」って書いているので、「12歳未満の方は、保護者の助言・指導が必要です」

f:id:meishomisettei:20170118020444p:image

加藤夏希が主演で、パッケージ見て気付いたんですが、筒井康隆氏も出てるんですねw
 
 
ちなみにこれが販促映像です。
ゾンビ映画なので、グロイ部分があります。
 
あと、本編とはあまり関係ありませんが。
序章で主人公の渋川がホラー作家という設定で、前半に
「メキシコからスモウ・レスラーに憧れ来日した少年が、親方の張り手で即死、「ドースコイ、ドースコイ」と呟きながら悪霊となって呪いをしかける」
という、「少年アミーゴ 呪いの土俵入り」って物語を書きかけ。という設定があるんですが、この小説が気になりすぎるw
 
 
あ~「少年アミーゴ」が読みたいww
 

 

 

マクベス (シェイクスピア)読んでみた。

 
昔からあまり演劇には興味が持てなかったし、今も興味がないんですが、こういう悲劇的な英雄譚は好きです。
本は読んだことないけと、「ニーベルンゲンの歌」とかも好きなので見かけることがあったら読んでみたいと思ってます。
 
-----------------------------------------
マクベスの主な登場人物
-----------------------------------------
 
タイトルからわかるとおり主役です。
スコットランドの勇敢な武将で武力に長ける。
 
同じ名前のスコットランド王が歴史上存在します。
設定が違うのですが、モデルとして使われたのかな。
 
 
ダンカン
「この野郎!」のターゲットとしてはあまりに有名なダンカン。
 
でもこの物語ではスコットランドの王です。
部下に対する労いもきちんとできる、有能でとても良い王様です。
 
マクベスと同じく、歴史上で同名のスコットランド王がいます。
 
 
●バンクォー
マクベスと同じく勇敢な武将であり、マクベスの親友。
 
 
●マルコムとドヌルベイン
ダンカン王の息子。
 
 
マクベス夫人
名前のとおりマクベスの嫁さん。
固有の名前は出てきませんが、僕的には今回一番印象の強かった人。
 
 
●3人の魔女
物語の冒頭は彼女らの語らいから始まる。
マクベスを惑わすなど、物語の重要なキャラですが、影が薄いです。
 
にこにこぷん」の↓くらいのキャラです。

f:id:meishomisettei:20170116210049p:image

 
 
●マクダフ
スコットランドの貴族で王に対する忠誠も厚い。
 
 
-----------------------------------------
■あらすじ
-----------------------------------------
ダンカン王は様々な戦果を重ねるマクベスに酬いるため、コーダ(スコットランドの町)の地を与え領主とすることを決める。
 
●一方その頃、戦より帰還中のマクベスとバンクォーの前に3人の魔女が現れる。
 
魔女はマクベス
・コーダ領主
となることを予言し、その後姿を消す。
 
 
マクベスは王からの褒美を聞いて、「予言が当たった!」と驚く。
ここからマクベスの中に企みの心が現れる。
 
 
マクベス 嫁さんにこの事の手紙を書く。
マクベス「魔女に王になるって予言された」
嫁さん「じゃあ私が今の王(ダンカン)殺したるわ」
 
たったこれだけで人を、自国の王を殺害しようと思うなんてかなり狂ってます。
 
 
ダンカンが家来らとマクベスの家にくる
 
 
マクベス ダンカンの暗殺を躊躇う。
が、マクベス嫁さんに煽られまくり、暗殺を決行。
 
罪は護衛になすりつける。
が、その後マクベスは自らの罪に悩まされることになる。
 
 
●貴族のマクダフがダンカンの死を発見。
貴族や、バンクォーは絶望し悲しむ。
 
息子マルコムとドヌルベインは父の死に陰謀を感じて、イングランドに亡命する。
 
 
●その後マクベスが王位を譲り受ける。
 
 
マクベスの次のターゲットはバンクォー。
(バンクォーはマクベスを疑っている)
マクベスがバンクォーに刺客を送り、バンクォーは死亡。
 
 
マクベスが宴を開く。
そこに死んだバンクォーの亡霊が現れる。
マクベスは怯え取り乱してしまい、座は白けてしまう。
 
その後マクベスは恐怖に狂い、暴政となり国は不安定になる。
 
貴族のマクダフは、イングランドに亡命した王子のもとに向かう。
 
 
●魔女らがマクベスと面談。
マクベスは罪に怯えるが、魔女が呼び出した幻影は
「女の生み落とした者の中には、マクベスを倒せるものは居ない」と告げる。
 
マクベスはそれを聞いて安心。
 
 
マクベスはマクダフがイングランドに向かったことを知り、刺客を送りマクダフの家族を殺害する。
 
 
イングランドでマルコムはマクダフと共にマクベス討伐を決意する。
 
 
●マルコムがイングランド軍を伴ってマクベスを倒しに来る。
 
マルコム側の仲間の数人が犠牲になるが、月足らずで母体の胎内から引きずり出されたという、マクダフがマクベスを倒す。
 
その後、マルコムが王となる。
 
チャンチャン♪
 
 
-----------------------------------------
■感想
-----------------------------------------
マクベスは終盤を除きまともで、自らの罪に苦しんだ結果狂います。
が、奥さんは始まりから狂いMAXです笑
 
前半影の薄かったマクダフが、後半は主役並みの活躍を見せて、しかもラスボス倒しちゃいますw
 
他マルコムの弟とか、バンクォーの息子とかはいつの間にやらフェードアウトしてまして超影が薄いですね。
 
僕的にはマクベスの奥さんが突き抜けて狂っていたのが最も印象的でした。
結構こういう古典?は女性が破滅への道を進めていく展開の物が多いですね。
 
亡霊が現れる設定があるので所謂「あの世」みたいなものがあると思うんですが、殺されたダンカンやバンクォーとマクベスと嫁さんはあの世で出会ったら、こうなるだろうなぁー。とか、でも天国と地獄があるなら被害者と加害者が交わることはもうないのかな?とか、勝手にあの世での展開を妄想するのが楽しい作品でした。
 
 
この作品はシェイクスピアの4大悲劇と言われており、他に
・オセロー
があります。
 
リア王もストーリー的に面白そうなので、古本屋で見かけたら読んでみたいと思います。
 
 
 
 

安珍清姫伝説 縁の地に行ってみた。

 
前回行ってみたい。って書いてたので、
 
大滝川森林公園P
徳本上人の洞窟
清姫の里
海の里(温泉)
 
 
-----------------------------------------
■↑に行ってみました。
-----------------------------------------
 
■真妻山断念
朝から雨で霧が酷かったのと、相方が雨具無しジャージだったので、僕のレインウェァを貸して、僕は傘で。

f:id:meishomisettei:20170109122523j:image

雨キツくて僕氏下半身だけヌレヌレでセクシーすぎる結果にww
 
徳本上人という徳の高いお坊さんが修行したとかいう洞窟で座禅組んでその後撤退。
 

f:id:meishomisettei:20170109122512j:image

 

f:id:meishomisettei:20170109122520j:image

この徳本上人は修行が壮絶だったらしく、体中から鮮血がほとばしり、使っていた木魚を叩き抜いた程だそう。
 
つまり体の穴という穴から血を噴き出しながら、木魚を叩き割った。と。
 
なんだかよくわかんねぇなww
 
 
■その後予定変更。
行く気なかったけど、真妻山を断念したことで時間が余ったので、安珍清姫伝説の清姫の墓があるとかいう清姫の里(田辺市中辺路町)へ。
 
 
-----------------------------------------
安珍清姫伝説とわ!
-----------------------------------------
ある日やってきたイケメンの安珍に清姫はズッキュンドッキュン!
安珍は清姫を騙しまくり逃げようとします。
結果、清姫は怒りのあまり火を吐く蛇に変身、最後は安珍をその火で焼き殺します。
 
安珍は無事死亡し、清姫も入水自殺し、そして誰もいなくなりました。めでたしめでたし♪
という、元祖ヤンデレ女物語です。
 
 
清姫の里

f:id:meishomisettei:20170109122527j:image

 
清姫の里に行くと
この後に紹介する道成寺の案内とは記述が違いまして、
 
  • 清姫は人間と白蛇の化身のハーフ
  • 幼い清姫を見て安珍が惚れ、将来妻にしようと清姫に話語ったことを、清姫が真に受けた。
  • ある日安珍は清姫が蛇体の清姫を見てドン引き、あの手この手で清姫を騙しまくり逃げる。
  • 清姫はショックのあまり泣き叫び、自殺してしまう。
  • 清姫の怨霊が大蛇となり、安珍を追い、道成寺で安珍を焼死させた。
 
とのことで、安珍かなりのクズですw
 
 
清姫たんのイラスト

f:id:meishomisettei:20170109122530j:image

かわゆいですね
 
 
■一方道成寺では
↑とありまして、随分清姫の里とは印象が変わってますね。
 

f:id:meishomisettei:20170109122533p:image

こんな女、俺だって逃げるよw
 
ちなみに清姫の里から道成寺までは車で約1時間半、距離は約70kmでした。
 
平安時代の頃の道はどんなだったか知りませんが、もっと不便で道のりも長かったのかなー。と思います。
そこからも執念の熱量が伝わってきます。
 
ちなみに、清姫道成寺の釣鐘に隠れた安珍を、「釣鐘ごと焼き殺した」とあります。
ということで、初代の鐘は焼けてありません。
が、二代目の鐘はありまして、安土桃山時代豊臣秀吉が京都の妙満寺に奉納したそうです。
こっちはこっちで興味がありますね。
 
帰りは名物釣鐘まんじゅうを買って帰りました。
 
道成寺を正面から

f:id:meishomisettei:20170109122540j:image

 
●安珍塚
お土産を買うことで、土産屋さん「あんちん」の傘を借り、装備した相棒w

f:id:meishomisettei:20170109122536j:image

 
 
とりあえず、清姫の里と道成寺を回って思ったことは、
「この2箇所きっと仲わりぃなw」ってことですね。
 
その後は日高の海の里「みちしおの湯」で風呂入って帰りました。
 
 
 
ということで、龍門山に続いて龍、蛇と爬虫類な匂いのする伝説を追ってきました。
 
次は大阪の瑞龍寺にあるという「龍のミイラ」を見に行きたいと思います。
(龍だけでなく、河童、人魚のミイラもあるらしい)
 
 

蛇女伝説を求めて、和歌山県日高町 道成寺に行ってみたい。

来年一発目に行きたいところ。
前回は龍王伝説だったので、今回は蛇女伝説を追います。
 
蛇女と言えば直ぐに連想するのが、
・ゴルゴーン3姉妹(メドューサとか)
・エキドナ(ギリシャ神話のケルベロスオルトロスなど沢山の魔獣を産んだ)
・ラミア
あたりだと思います。
 
が、日本にも濡女などが挙げられます。
 
そんな蛇女伝説で和歌山と言えば、
安珍清姫伝説」ですね!!
 
●以下wiki
 
安珍・清姫伝説(あんちんきよひめでんせつ)とは、紀州道成寺にまつわる伝説のこと。
思いを寄せた僧の安珍に裏切られた少女の清姫が激怒のあまり蛇に変化し、道成寺で鐘ごと安珍を焼き殺すことを内容としている。
 
-----------------------------------------
清姫について
-----------------------------------------
概要としては前述のwikiのとおり。
 
恋に焦がれるあまり、相手を蛇に化けて焼き殺す!
これぞまさにサイコパスストーカーの元祖!
その執念にガクブルせざるを得ない!
 
安珍清姫伝説は平安時代の話ですが、平安時代鎌倉時代は特に妖怪魑魅魍魎の類の伝説が多く、歴史には興味がないが伝奇には目がない僕には魅力的です。
舞台となった道成寺には安珍塚があり、運がよければ巻物による安珍清姫伝説の朗読が行われるそう。
 
近くに真妻山(別名日高富士、江戸時代に徳本上人が修行したらしい洞窟がある。他滝がある。標高523mの低山)があるので、ハイキングの後、道成寺に行きます。
 
その後は、温泉館「海の里」みちしおの湯あたりでほっこりするなんてプランです。
 
 
-----------------------------------------
■予定
-----------------------------------------
●MAP

f:id:meishomisettei:20161226234323p:image

 
●時間割

08:30 俺の家発

 

09:30 大滝川森林公園P

10:00 洞窟

11:30 真妻山

14:00 下山

 

14:30 道成寺

 

16:00 海の里(温泉)

  

龍門山に行ってきた。

南北朝時代の戦場。

そして、龍王伝説。
そんなロマン溢れる山、それが龍門山。
 
きっとスケルトンな落ち武者がウジャウジャしていて、ボスは龍王。
戦闘に入る前には、例の世界の半分の交渉があり、僕は甘んじて世界の半分を選ぶのだw
 
 
ってことで、和歌山県紀の川市にある「紀州富士」とも呼ばれる龍門山に行ってきました。
 
 
-----------------------------------------
■龍門山について
-----------------------------------------
●概要
標高755.9m
龍門山脈の主峰
別名「紀州富士」
 
1359年(南北朝時代)に南朝方3千騎と北朝方3万騎の戦「龍門山の戦」があった。
奈良時代にこの山に住み着いた大蜘蛛がおり、龍王が現れた倒した。という伝説がある。

f:id:meishomisettei:20161223202521j:image

 
-----------------------------------------
■行ってみた
-----------------------------------------
11時に登山者用駐車場に到着。
駐車場からハイキングコースまでは案内看板があるので順調に進めました。

f:id:meishomisettei:20161223202525j:image

※今回は「田代ルート」を選びました。
 
頂上に着くまでには県指定天然記念物「磁石岩」があります。
付近ではコンパスが磁力の影響を受けて北を指しません。
だって磁石だからね!

f:id:meishomisettei:20161223202531j:image

 

f:id:meishomisettei:20161223202534j:image

 
まぁすごいようで当たり前のことなので、面白いかどうかはアナタ次第!ってカンジですね。
 
磁石岩から進むとすぐに頂上です。
戦場跡ってことで落ち武者との遭遇を期待?してましたが、まぁ特に何もなく頂上に着きました。(駐車場から1時間30分くらい)
 
ここでお昼ご飯を食べまして、本命はこの先にある「明神岩」と「風穴」です。
 
伝説では龍王伝説の龍はこの穴から現れたらしく、他に南北朝時代の武将がこの穴に一時期篭っていたなどの伝説があります。
この穴のサイズから現れたってなると、ネバーエンディングストーリーのファルコンくらいの大きさかな?

f:id:meishomisettei:20161223202548j:image

 

f:id:meishomisettei:20161223202552j:image

 
明神岩はその龍が頭を乗せた岩の、その後この山は龍門山と呼ばれるようになった。らしいです。
 
 
その後は下山。
 
下山してから途中無視して進んだ「ちりなし池」のすぐ近くに龍王を祀った祠があることを知りました。
クッソー!きっとその祠を尋ねれば、今頃世界の半分は俺様のモノだったに違いないw
 
 
まぁしかし、妄想的には大満足な龍門山でした。
 
駐車場から頂上、また駐車場もどるまでの歩行距離は約10キロ。
ゆっくり見物もして4時間くらいのコースでした。
 
途中の分岐で「飯森山」(南北朝時代のお城跡がある。)とか権現滝にもいけるみたいです。
今回は時間の関係で行きませんでしたが、いずれ機会があれば行きたいのですね。
 
ちなみに登山口付近にある、この廃墟。
なんか雰囲気あって好きだなぁ~。

f:id:meishomisettei:20161223202555j:image

世界遺産ポンペイの壁画展に行ってきました。

何月か前に世界遺産ポンペイの壁画展に行ってきました。
 
ヴェスヴィオ火山の噴火によって一夜にして滅びた、古代都市ポンペイ。
ポンペイ含むカンパニア地方はぶどう酒の産地だったらしく、特にポンペイはローマの商業都市として栄えたらしいです。
 
そんなポンペイの当時の文化や生活が伺える、っていう展示会。
 
もともと六甲山に登ろうと思って兵庫にきたものの、天気悪くて急遽こっちに変更したってことで、事前に情報も知らずあんまり印象に残ってないんですが、せっかく行ったのでご紹介します。
 
写真撮影は禁止なので、今回も文字メインとなります。
僕は文字メインでいきたいので、撮影禁止は大歓迎ですw

f:id:meishomisettei:20161218213402j:image

 
-----------------------------------------
■展示内容
-----------------------------------------
●第1章 建築と風景
壁画の様式や用いた道具の展示。
様式は年代によって第一様式から第四様式まであるみたいですが、よくわかりませんでしたw
 
第四様式の頃になると、画材としてエジプトの青が使われたものが多く展示されてました。
展示物には「AD1世紀半ば」とあったので、エジプトはローマ属州になった後ですね。
そんな関係で資源が集めやすかったのかな。
 
 
画材としては定規やコンパス、顔料が展示されてました。
特にコンパスは原型がまんま今と一緒でした。
 
 
●第2章 日常の生活
当時の生活を描いた壁画がメイン。
 
戦車競争の壁画があって、なんとなくジョジョの2部でワムウとジョジョの戦いを思い出したくらいで、あんまり覚えてませんw
 
 
●第3章 神話
神話の神々を描いた壁画。
 
特に酒の神ディオニュソスと信奉者マイナスを描いたものが多かったです。
 
この記事の初めにも書きましたが、このあたり(カンパニア地方)はぶどう酒の産地でした。
お酒が当時の収益の要だったと考えると、やはり信仰の中心もそうなってくんのかな。
現金なヤツが多いってのはこの頃からなんでしょうねw
 
 
●第4章 神々と信仰
↑の3章とまとめたらよかったのに。って思いましたw
3章と同じくギリシャ神話の様々な神々の壁画の展示でした。
 
ギリシャ神話は何冊か本を読んでるんですが、解説が結構丁寧なので前知識無しでも楽しめたのでは?って思います。

屯鶴峯・二上山に行ってきた その2

​前回の続きです。
 
-----------------------------------------
■ダイヤモンドトレールから二上山
​-----------------------------------------
屯鶴峯から西に向かうとダイヤモンドトレールの入口看板があります。

f:id:meishomisettei:20161212180136j:image

※ダイヤモンドトレールは整備された道で、屯鶴峯から槙尾山までの約45kmの道です。
 
今回はその一部、二上山まで行きます。
こんなカンジの道がひたすら続きます。

f:id:meishomisettei:20161212180139j:image

 
そのまま雌岳に向かってもよかったんですが、先に気になるところがあったので回り道しました。
 
ここで、二上山に関連する二人の人物を紹介しておきます。
 
 
●中将姫(奈良時代)
奈良の當麻寺にある當麻曼荼羅を織ったとされる伝説の尼さんです。
藤原鎌足(大化の改新で有名)のひ孫で、とても由緒ある出身。
才能と美貌に恵まれるが、継母の嫉妬により虐待されたり殺されそうになります。
 
殺害を命じられた家臣は、姫を殺めることができず、お寺に隠します。
その後、父に見つけられ、天皇に宮に入るよう望まれるが、當麻寺に入り尼さんになります。
 
尼さんになってからは、
・長谷観音のお告げで當麻曼荼羅を一晩で織る。
・29歳で入滅するが、阿弥陀如来ら二十五菩薩に迎えられ極楽浄土に向かった。
という伝説があります。
 
 
天武天皇(中大兄皇子(これも大化の改新の人ですね)の弟)の息子。
文武両道のイケメソ、しかも性格も良いということで多くの民に愛された。
 
が、しかし!
天武天皇崩御した後に、川島皇子によって謀反者に仕立て上げられ(って説があったり、別説もあったり)最終的に自害。
諸説あるにせよ、権力争いの犠牲者だと思います。
つまり「非業の死を遂げた」ってヤツです。
 
 
​-----------------------------------------
■岩屋
​-----------------------------------------
雌岳の前にここに立ち寄りました。
岩屋は前述の「中将姫」が「當麻曼荼羅」を織った(一晩で)とされる場所です。

f:id:meishomisettei:20161212180125j:image

 
他樹齢約600年の岩屋杉が有名です。
(平成になってから台風で倒れた)

f:id:meishomisettei:20161212180147j:image

イヤー、デカイ。
ホント岩屋過ぎるにも程がありますよ!(イミフ)
デカイ意外に何かあるんですかね?知ってる人いたら教えて下さい。
 
 
​-----------------------------------------
二上山(雌岳と雄岳)
​-----------------------------------------
金剛山地北部に位置し、北方の雄岳(517m)と南方の雌岳(474m)の2つの山頂がある双耳峰である。ってwikiには書いてます。
お昼も晩も含めて10回近くきてますが、とても登りやすい山です。
 
この山に前述の「大津皇子」のお墓があります。
 
大津皇子のお墓のすぐ近くにある二上神社は「心霊スポット」としても有名で、
・いまだにお百度参りが行われている
・以前バラバラ殺人事件があった(未発見の部位あり)
らしいですね。
 
いやー、ナイトハイクで何回か一人で行ってたんですが。
もういかねぇわw
 

f:id:meishomisettei:20161212180121j:image

 
傍にある行場に狛犬があるんですが、

f:id:meishomisettei:20161212180132j:image

 顔が欠けてる。

f:id:meishomisettei:20161212180128j:image

怖いよw
 
 
​-----------------------------------------
■當麻曼荼羅
​-----------------------------------------
二上山から祐泉寺方面に下山し、そのまま當麻曼荼羅を見に當麻寺へ。
 
當麻曼荼羅はお寺の宝物庫に所蔵されていて、入場料は500円です。
撮影禁止ってことで写真はないんですが、こちらに展示されているものは江戸時代に模写されたものです。
(こちらも重要文化財です。)
 
本物(国宝)の曼荼羅は学術的研究以外では非公開とのこと。
4m×4mの大きさで、
「こんなデカイもんを一晩で!?」と思わざるを得ません。

f:id:meishomisettei:20161212180150j:image

 
庭も綺麗でした。

f:id:meishomisettei:20161212180143j:image

 

f:id:meishomisettei:20161212180118j:image

 
 
​-----------------------------------------
■再び屯鶴峯へ
​-----------------------------------------
その後、石光寺(こちらも入場料は有料)に行こうと思いましたが、時間もそこそこだったので今回は前を通るだけでパス。
 
「伝説の井戸」ってのがあるらしんですが、
・戦国時代にタイムスリップし、化物と戦うことに
・この井戸に共に落ちたカップルは永遠に結ばれます、ただしあの世でな!!
とかそんなんかな?w
 
そのまま徒歩で屯鶴峯の駐車場まで向かったのですが、今回それが一番長くてダルかったですね・・・。
 
今回は一人で解説看板をじっくり読みながら「歴史のロマン」と「そこそこの恐怖」にまみれつつのハイキングでした。
次に山に行く機会があれば、紀州富士と呼ばれる龍門山(和歌山県)に行きたいと思います。