名称未設定(仮)

名称未設定(仮)

神話や歴史のことや、行ってきた博物館や美術館のことを主に書くブログ。(雑記もあり。)

映像・書籍

地獄先生ぬ〜べ〜(アニメ)

最近「らんま1/2」に続いて懐かしいアニメってことで、「地獄先生ぬ~べ~」を見てました。 ほっこりする話もあれば、エロい描写もあったり、かと思えば本気で怖い話なんかもあって。名作だったと思います! しかし、アニメは原作に比べて途中で終わってしま…

寺山修司「家出のすすめ」読んでみた。

僕は大槻ケンヂが好きで、エッセイをよく読むんですが、彼のエッセイには寺山修司の名前がよく出てきます。 前に「見世物博物館」に行った時も、この人の名前が出ていて、見世物文化に縁ある人として紹介されていました。 meishomisettei.hatenablog.com 寺…

らんま 1/2 (アニメ)を見てます。

Netflixを契約しています。 下宿しているマンションにはテレビを置いてないので、娯楽の中心はパソコンとか本になるんですが、最近『らんま 1/2』を見ています。 すっげ~懐かしい! 全150話以上あるので、長く楽しめそうです。 このアニメは結構作画崩壊が…

ポール・ギャリコ「猫語の教科書」読んでみた。

先日も書いたのですが、気になった本があって、古本屋を何軒も回り見つけてきました。 ポール・ギャリコの「猫語の教科書」 - 名称未設定(仮) それがタイトルにある「猫語の教科書」です。 猫語の教科書 の目次 編集者の前書き 人間の家をのっとる方法 人間…

ケルト神話について

「ケルト」って言葉はよくききます。 でも「古い民族で、ローマ帝国に制圧された。ってイメージ」くらいで、あんまりよく知らないんですね。 先日、本屋に寄った時になんとなく、 『ケルト神話と中世騎士物語 ~「他界」への旅と冒険~』( 田中 仁彦 著) …

ポール・ギャリコの「猫語の教科書」

探してたポール・ギャリコの「猫語の教科書」やっと見つかった! 著者欄も猫になってて設定が細かいw 今から読むのが楽しみです♩ また読んだら感想とか書きます。

これぞZ級映画!「空想科学任侠伝 極道忍者ドス竜」を見かけた。

久々にニコニコ動画で動画漁りしていたら、 『空想科学任侠伝 極道忍者ドス竜』 (監督:永井豪 主演:大槻ケンヂ)っていう伝説のバカ映画を見つけました!! http://www.nicovideo.jp/watch/sm3138571 大槻ケンヂやキューティー鈴木の他に、藤子F不二雄、…

​「少女地獄」夢野久作(角川文庫)読んでみた。

少女地獄 パッと見、オカッパ頭の女の子が「いっぺん死んでみる?」って言ってみたりする、アレの方を想像しちゃうタイトルです。閻魔あいって提案が下手だよねw 以前この人の「キチガイ地獄」と「ドグラマグラ」を読んだことがあって、何となく買ってみまし…

「デスマスク」岡田温史 (岩波新書) 読んでみた。

先日会社の新年会でした。 カラオケで聖闘士星矢を歌ったんです。 聖闘士星矢が流行ってた頃、 蟹座の僕はゴールド聖闘士のデスマスクがゲスい小物臭ハンパないキャラだったので、悲しかったのを思い出しました。 「あじゃぱアーッ!」ぢゃねぇよww 水瓶座とか…

ステーシー  少女ゾンビ再殺談 読んでみた。

最近またゾンビ映画とかよく見てまして、 「あーゾンビの小説が読みたい」 と思って、近所の古本屋へ。 そこで目にとまったのがこの本です。 ステーシー 少女ゾンビ再殺談 大槻ケンヂ(角川ホラー文庫) タイトルからは溢れんばかりのB級感w 大槻ケンヂは好き…

マクベス (シェイクスピア)読んでみた。

昔からあまり演劇には興味が持てなかったし、今も興味がないんですが、マクベスみたいな悲劇的な英雄譚は好きです。 本は読んだことないけと、「ニーベルンゲンの歌」とかも好きなので見かけることがあったら読んでみたいと思ってます。 マクベスの主な登場人…

カフカ「変身」と、スティーヴンソン「ジキルとハイド」を読んでみた。

先日カフカの「変身」と、スティーヴンソンの「ジキルとハイド」を読みました。 タイトルと概要は知ってたんですが。 最近集中力が長続きしなくなり、300P越えようものなら日があいたりして、下手すると1ヶ月かかったりします笑 さらに海外作品で登場人物が…

<新訳>アーサー王物語 読んでまとめてみた。(結構長文)

先日プラっとブックオフに行きました。 100円コーナーでふと見かけなんとなく買ってみた、 <新訳>アーサー王物語 正直「新訳」どころか根本的にアーサーの王のことは中世の伝説の王様ってくらいしか知らない。 あとは「円卓の騎士」とか「エクスカリバー」と…