名称未設定(仮)

名称未設定(仮)

神話や歴史のことや、行ってきた博物館や美術館のことを主に書くブログ。(雑記もあり。)

屯鶴峯・二上山に行ってきた その1

約束していた予定が急にドタキャンになって、暇になったので前から行きたいと思っていた屯鶴峯に行ってきました。
その後、時間があったので二上山當麻寺とプラプラ行ってきました。
行った所は大体こんなカンジです。 (だいたい15kmくらい)

f:id:meishomisettei:20161211211811p:image

 
今回は行った所で、面白かったところなんか紹介していこうと思います。
 
 

屯鶴峯

f:id:meishomisettei:20161211211821j:image
約2000千万年前に二上山が噴出した時に、多量の火山灰、火山砂降り積もって形成された。
白い凝灰岩が露出していて、「鶴が屯(たむろ)しているみたい」ってことで屯鶴峯という名前になった。
 
地下には防空壕があり、強制労働に連れてきた朝鮮人に掘らせたという歴史がある。
  • 作業着の男が現れては消えた
  • 無数の顔が空中に浮かんでいた
など怪談も多い。
 
ってことで、まぁ昼間ですんで一人でも大丈夫だろうと思って行ってきました。
 
専用の駐車場があって、屯鶴峯は歩いてすぐです。
 
写真のとおりとても真っ白なんですが、これ鶴ってより散乱したティッシュみたいじゃね?

f:id:meishomisettei:20161211212043j:plain

屯鶴峯から「ゴミ箱オブ男子中学生」に改名した方がいいんじゃないか?

とは思いませんw
 
まぁ景色なんかはそれくらいにしておいて、僕は防空壕跡に行きたいんだ!
 
防空壕跡は「行き止まり この先危険」と書かれた看板から500m~1kmくらい離れた森の中にあります。

f:id:meishomisettei:20161211211824j:image

 
所々テープで書かれた目印のようなものがあるので、道に迷うことはないと思います。

f:id:meishomisettei:20161211211827j:image

道中で一人のオッサンが奥から現れて、それが一瞬「作業着」に見えてしまい。
思わず「ヒッ」と声が出ましたw
これで精神がかなり削られましたね・・・。
 
まぁでも洞窟までは来ました。
うーん、この高まるドラクエ感w

f:id:meishomisettei:20161211211830j:image

 
ですが、残念なことに中は水浸しで入れる状態ではなかったです。

f:id:meishomisettei:20161211211832j:image

 
すぐ近くにもう1つ洞窟があり、こちらは入れました。

f:id:meishomisettei:20161211211806j:image

f:id:meishomisettei:20161211211842j:image

ライト片手に入ったのですが、途中で急に寒気がしてそれ以上進むことはできませんでした。
多分前述のオッサンのせいです。
 
とりあえず、もう反対側も見えているし、これ以上ここで時間を過ごしたくなくて、二上山に向かうべくダイヤモンドトレールを目指しました。
 
ダイヤモンドトレール入り口前にこんなモノが落ちてました。

f:id:meishomisettei:20161211211837j:image

まぁ山行くには着替えあった方がいいですしね。
・・・とは思いません。
僕はBLは結構嫌いなので、ドン引きですw
 
そこそこ長くなってきたので、続きは次回書きます。