読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ステーシー  少女ゾンビ再殺談 読んでみた。

 
最近またゾンビ映画とかよく見てまして、
「あーゾンビの小説が読みたい」
と思って、近所の古本屋へ。
 
そこで目にとまったのが「ステーシー 少女ゾンビ再殺談 大槻ケンヂ」です。
あ~もうなんてゆーか、溢れんばかりのB級感w
 

f:id:meishomisettei:20170118020452j:image

大槻ケンヂは好きでして、今までに
 
・ぐるぐる使い勝手
・のほほんだけじゃだめかしら
グミ・チョコレート・パイン(グミ、チョコ、パイン編)
・行きそ行かないとこでへ行こう
・ロッキンホースバレリーナ
・のほほん雑記帳
 
あたりを読んだことがあります。
 
 
この物語の舞台は近未来で、15歳から17歳の女の子が突然人間を襲う屍体ステーシーとなって蘇る、「ステーシー化現象」が蔓延していたっていう、「なんじゃそら」って世界で繰り広げられる話らしいです。
 
が、内容は「ただグロイだけのB級作品」ではなくて「愛情に溢れまくった作品」でして、結構ホロリとくるし、終わりが美しく感じられました。
 
「終わりを美化」する表現ってのは昔から多いと思うんですが、死生観​とか、大切な人が先に逝ってしまった場合どうやって生きていけばいいんだろう?とか、考えさせられたり、意外と哲学的な作品だったのかも?
 
そう!これはゾンビで学ぶ哲学だw
 
 
ちなみに、一番グッときたのは「序章」。
ステーシーを再殺(ステーシーを止めるには、ステーシーになった少女の肉体を切り刻んで165分割しないといけない)する為の電ノコを売っているオヤジのセリフで、
 
「お客さん、キッチリ始末してあげなよ。あの娘たちはね、それがいちばんの望みなんだ。大切な人にね、再殺されるなら、あの娘たちは悲しくないんだ。むしろ嬉しいんだ。好きな人に血まみれにされることは、あの娘たちにとっちゃ幸福なんですよお客さん。あたしの娘は反抗期でね、世界一大嫌いな父親に切り刻まれて、いや不本意だったんでしょうな。再殺されてる間ずっと白眼をむいてましたよアハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ !舌をベロベロさせて最後の最後まで反抗期ですよアハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ!お父さんのバカってとこですかねアハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハでも俺は娘をこの世でいちばん愛していたんだ」
 
です。
 
「アハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ !」って3回出るんですが、
最後の部分だけ「!」が無いのが、なんてゆーかすごく切実な思いみたいなんが感じられました。
 
まぁ、しかしここだけ抜粋するとタダのイカレオヤジですねw
まぁでも世界に入り込むと、こんな不謹慎なセリフですら涙を流しそうになっちゃうのが大槻マジックなんですよ。
 
 
 
この作品は映画にも漫画にもなっているらしく、映画のパッケージがこれです。
パッケージに「PG-12」って書いているので、「12歳未満の方は、保護者の助言・指導が必要です」

f:id:meishomisettei:20170118020444p:image

加藤夏希が主演で、パッケージ見て気付いたんですが、筒井康隆氏も出てるんですねw
 
 
ちなみにこれが販促映像です。
ゾンビ映画なので、グロイ部分があります。
 
あと、本編とはあまり関係ありませんが。
序章で主人公の渋川がホラー作家という設定で、前半に
「メキシコからスモウ・レスラーに憧れ来日した少年が、親方の張り手で即死、「ドースコイ、ドースコイ」と呟きながら悪霊となって呪いをしかける」
という、「少年アミーゴ 呪いの土俵入り」って物語を書きかけ。という設定があるんですが、この小説が気になりすぎるw
 
 
あ~「少年アミーゴ」が読みたいww