名称未設定(仮)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(妄想与太話)アンパンマンの人体の不思議

「人の心(人格)はどこにあるんだろう。心臓かな?脳かな?」的な話ってしたことありますよね?
先日会社の同僚と車中で、アンパンマンの場合はどうなのか?
って話になりました。

アンパンマンの人格について考えてみた。

しかし、まず「人間の心や人格が何処に宿るか」を決めないとパン人間のそれを議論できようハズもありません。

そもそも人の人格はどこにあるのか 

そこで一旦は、
「人間の人格は脳にある記憶と、様々な知識によって判断される結果、そういったものの総称を指すもの。」
と仮定をしまして「人間の人格は脳に宿る」ということにします。

 

よって、人間でいうところの脳が、パン人間達のどこに該当するかを導き出せばよいのです。

ではアンパンマンの脳はどこにあるのか

では、彼らの脳はどこにあるのか?
やはり頭?

 

しかし、パン人間の場合は頭はよく入れ替わるし、なんだったらお腹のすいた人々(実際アンパンマンの世界には人間はおらず、ジャムとかバタコですら妖精って設定ですが。)にあげてます。 

 

カバオ氏は脳を喰らってるわけで、それではガキ様達の心をキャッチできませんし、頭が入れ替わった後も、人格は継承されているように見えます。
 

さらに調べると、
「(交換後の)古い頭は消えてなくなる」事がわかりました。

よって、パン人間達の頭には脳はない。
ということにしました。(我々の中で勝手に決定w)

 

そして、パン人間達は生まれた時には既に体があり、成長とともに大きくなることがわかりました。


つまり体は生まれた時から一度も変わっておらず、そこに脳があり人格が形成されているのでは?と思うのです。

そう、アンパンマンの人格(脳)は胴体のどこかにあるんです。
(きっと絶対、いや多分w)

アンパンマンの体について勝手に考えてみた  

アンパンマンの心臓について

これも調べている中でわかったのですが、
アンパンマンは食事をしない。頭の中にあんこが入っていて、そのあんこがエネルギになっている」ということがわかりました。 

 

つまりは
「あんこを循環するための強力なポンプのような器官、つまり心臓のようなもの」
がどこかにある。可能性が浮上しました。 

 

これは僕の推測ですが、頭にはそれをする器官のようなものがあると考えています。
そして、その器官は「防水性はない」と考えてます。
(もし体にそれにあたるものがあると考えると、あんこが水に濡れようがあんまり関係ないように思うのです。)

 

頭が濡れて「力が出ないー」ってのは、
「(我の心臓にあたる器官は水に弱く、濡れてしまうと、その能力が著しく低下してしまうよー。アァー、あんこの循環が滞り出して、体の隅々まで行き届かない~、よって)力が出ないー」の略だと思います。

 

そう、アンパンマンの心臓(的なヤツ)は頭の中にある。(かもしれないし、そうじゃないかもしれないw)

他のパン人間たちはどのようにしてエネルギー循環しているのか

人間は体内で血液を循環して、全身の細胞に栄養分や酸素を運搬して、老廃物を運び出しています。

アンパンマンの場合は、人間で言うところの血液があんこにあたります。
じゃあ他のパン人間たちは、何を循環してエネルギーを得ているのだ!?

 

カレーパンマンはカレーのルーか。
クリームパンダはクリーム

待て、じゃあメロンパンナちゃんは一体何を循環させているんだ!?

 

調べたら彼女は頭から「メロンジュースを出して攻撃することができる」らしく、体内にメロンジュースを循環してエネルギーを得ていると思われます。 

 

しかしカレーパンマンといいメロンパンナたんといい、血液にあたるもので攻撃ができるとは・・・はっ!エシディシか!?
そうか、コイツラ吸血鬼なのか。
あ、でも太陽に晒されても平気だからなー。

 

そんなことより、じゃあ食パンマンは一体何を循環させているんだ!?
食パンマンなんか循環させるもんなんかないハズ。

 

酵母!?じゃあ他のパンと差別がないし、菌を循環させてパワーを獲るとか完全にバイキンマンサイドやん。
あ!実は彼はバイキンマンサイドなのか!だからドキンちゃんと仲がいいのか!?
うーん。。。

 

そういえば食パンマンは給食を配給することを仕事としています。

 

金。

 

食パンマンは金を循環させることで、この世界に経済という概念が生まれました。
なんじゃそらw
※どうやら食パンマンは他の動物達のように「食事をとることでエネルギーを得ている」らしいです。

 

以上、ただの妄想与太話でした。

 

 

ぢゃ。