名称未設定(仮)

名称未設定(仮)

神話や歴史のことや、行ってきた博物館や美術館のことを主に書くブログ。(雑記もあり。)

気分は真・女神転生!箕面の八天石蔵を回ってきた。 その1

週末に箕面に行ってきました。
大阪に下宿してるんですが、そういえば行ったことがないなぁー。と思って。
 
あと、箕面には勝尾寺というお寺がありまして、鎌倉時代に寺領を示すものとして、
明王+四天王=八天の石蔵『八天石蔵』なるものが建てられいるそうです。
 
四天王とかめっちゃ女神転生っぽいやん!
 
ということで行ってきました。
でもその前に明王と四天王について。

明王・四天王について

明王

五大明王から中心に位置する不動明王を除いたもの。
明王如来の化身とされていて、大日如来の命を受けて、仏教に帰依しない民衆を帰依させようとする役割を担っています。
 
早い話が強面のスカウトマンみたいなもんでしょうか笑
明王のメンバー
 

四天王

四天王は須弥山(しゅみせん、仏教ヒンドゥー教で世界の中心にあると考えられている山)の頂上の忉利天(とうりてん)に住む帝釈天(たいしゃくてん=インドラ)に仕える。
八部鬼衆(はちぶきしゅう、四天王に仕える鬼神たち)を従え、須弥山の中腹で仏法を守護する。と言われています。
 
僕はパッと「女神転生」シリーズが思い浮かんだのですが、いろんなゲームに出てると思います。
四天王のメンバー
 

箕面周辺を散策してみた。

今回は箕面7丁目まで車で行き、そこからスタートです。
(僕は羽曳野市に下宿していて、下道でも1時間程度でいけるのだ)

箕面公園昆虫館

歩いてすぐに「箕面公園昆虫館」ってのがありまして、
入場料は、一人270円となっています。
今回は時間の心配があったのでスルーしました。

f:id:meishomisettei:20170517000833j:image

野口英世

昆虫館の近くに野口英世像がありました。
千円札の人ですね。
あんまり近代の歴史には興味が持てなくて、勉強不足なんですが細菌学者だそうです。
 
ちなみに千円札の肖像画は、博士が研究者として最も脂がのっていた時期で、本人のお気に入りだそう。

f:id:meishomisettei:20170517000829j:image

姫岩

岩の間(赤で囲ってる部分)を通ると子宝に恵まれるとか。
俺には全く興味のない岩です笑

f:id:meishomisettei:20170517000835j:image

ライオン岩

名前のとおりライオンの横顔に・・・見えなくもない・・・のかな?

f:id:meishomisettei:20170517000845j:image

唐人戻岩

唐の貴人が、箕面大滝の評判を聞いてこの岩のところまで来たが、あまりの山道の険しさに恐れをなして引き返したって伝説があるらしいです。

f:id:meishomisettei:20170517000825j:image

f:id:meishomisettei:20170517000839j:image

箕面大滝

前述の「唐人戻岩」からすぐでした。
キレイな滝ですが、今回の目的はこれじゃないのでサッサと足を進めました。

f:id:meishomisettei:20170517000837j:image

ここまでは、舗装のされている道を歩くだけなので、家族連れやカップル達の散歩や自転車、ジョギングの人達が多かったです。
所々でお店なども出ていて、飲み食いしながら行くのも楽しそうです。
 
ここから自然道などを通って、今回の目的の八天石蔵を回ることになります。
 
続きは次回の記事で書きます。